スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

父の鬱も治りますように

実の父と母と夫の4人で食事に行ってまいりました。
会話もはずみ、とても楽しく過ごせました。

父も数年前から鬱病を患っていましたが、治療によりだいぶ回復していました。
父は夫と比べるとだいぶ鬱の具合が重たかったので、1年間ぐらい家に引きこもっていましたが、今では毎朝ラジオ体操に出かけているそうです。

父が最悪の状態のときは、風呂に入らず、歯を磨かず、食事をとらず、ただ寝ているだけだったので、鬱病は悪化の前に病院に行ってくれるのが一番良いとつくづく思いました。
非常に悪くなると、まずは病院に行くってもらうまでが、一苦労だと思います。

父の回復の過程を見ていると、鬱病も治らない病気ではないと励みになりました。
まだ父も全回復ではないようですので、焦らずゆっくり鬱が治ることを祈っています。


テーマ : 鬱病
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハナハナ

Author:ハナハナ
うつ病の夫を持つ妻です。
現在、私は適応障害で通院しながら、働いてます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
↓数少ない「適応障害」の本です↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。