スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

夫がうつ病になったら その3

週末、お客様が来訪。
楽しく過ごさせていただきました。

昨日は私の通院でしたが、担当医が変わりました。
単純に医者の担当する曜日に変更があったためです。今回の担当医で3人目の方となります。
特に、この先生じゃないとダメというのは私にはないため、基本は曜日固定の方を優先しています。

医師は初めての問診とあり、私の家族構成や仕事の業種などを聞いてきました。
家族構成などの話を詳しくするのは、今回の先生が初めてで以前よりも詳しく聞かれた気がします。
問診が中心の心療内科は医師によって診断方法がまちまちなのだなと改めて思いました。

さて、「夫がうつ病になったら」というテーマで第3回目です。

夫がうつ病になったら、まずやる事として
夫がうつ病になったら その1で書きました。

その中の「うつ病」を学ぶということがあるのですが、
ついでに妻の方は自分の容態にも敏感になった方が良いと思われます。

夫の「うつ病」が発覚して、人にもよりますが、おそらく3カ月間程度は生活は安定しないでしょうし、
場合によっては飲む薬も変動的な時期だと思います。

こういう変化自体がストレスですし、あらゆる負担が配偶者にきたりするでしょう。

あと、夫がうつ病だという事を心の中で認めたくないという深層心理が最初は働き、
その抵抗感と現実の衝突が心を疲れさせるのだと思います。

「うつ病」の解説書を読んで、自分も気をつけられるようになるぐらいの心の余裕を持つことが大切だと思います。



テーマ : 適応障害
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハナハナ

Author:ハナハナ
うつ病の夫を持つ妻です。
現在、私は適応障害で通院しながら、働いてます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
↓数少ない「適応障害」の本です↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。